www.tokeioff.com

外国為替証拠金取引(FX)の投資の対象は、世界各地の公式貨幣があります。公式通貨において理解していこうと計画しています。・流通通貨には「基軸通貨」という呼び方でよばれている通貨があります。基軸通貨とは、世界各国間の決済や金融の取引きで重点的に利用される公式通貨のことなのですがアメリカドルになります。当時は英ポンドについて基軸になる通貨だったのですが、第二次世界大戦が終わった後は$(アメリカドル)ドル(アメリカドル)なりました。・FXを使用して取引きされている公式通貨の種類に関しては、他で言う外貨での投資と比較してみた時かなり多いのが特殊性というのがあげられます。FX会社により扱う通貨の種類に関しては、違っていますが、通常では20種類位ある様子です。その中で流動性が大きい公式貨幣をメジャー通貨と呼びます。流動性が高い数値という意味は売買が活発に行われているという事を示していて流通通貨の取引が簡便なという事を意味します。主流の貨幣には上記において基軸の通貨と称される米ドルに、¥(日本円)¥(円)、ユーロ(?)3つの貨幣があり世界の3大通貨名付けられています。英ポンド、豪ドル、カナダのドルなどが準メジャー通貨と呼ばれております。これら以外の流動する性質が少ない通貨はマイナー通貨と称されて相対的国力や経済の力が乏しい国での貨幣で南アフリカランドやトルコリラなどが広く支持された通貨は流通しておるレベルが豊富なという事もあって、値動きが横ばいでニュースの量も多くいきかっているようです。マイナー通貨については、利子が高額な場合が多いというのがあるから価格の起伏が大きいとの事みたいです。値の変動が激しいという事においては甚大な黒字を手に入れる絶好の機会があるのですが、その分危険性も大きくて不安定でしょう。動きが低い通貨なので、フィックスを求める時に限って終了が出来ない状態になり得る事があるとの事です。どの通貨をセレクトするのかという事に関しては公式通貨の属性をじっくりと検討してから実行する事は大切であるのではないかと考える事ができます。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.tokeioff.com All Rights Reserved.