この手段なら自宅は処分

破産の際に抱える借金に関し保証する人が存在するときには、事前にきちんと連絡しておくべきです。40代主婦

ここで、改めてお勧めしますが保証人となる人物が存在するときは破産申告をする前にきちんと検討する必要があります。山形県のおもちゃ買取

なぜなら、自分が破産宣告をして受理されると、補償する立場の人がそれらの負債をまとめて背負う義務があるからです。お金借りたいなら!即日融資の銀行系カードローン

破産宣告の前に保証人にそれらの現状を報告しつつ、謝罪の一つも述べなければならないでしょう。

これらは保証してくれる人の立場に立つと当たり前のことです。

借金をしたあなたが破産宣告することによって結果的に大きな負債が発生することになるのです。

そして、以降の保証人となる人の考慮する選択肢は以下の4つです。

まず1つめですが、保証人が「いっさいを返済する」ことです。

その保証人がその数百万もの負債を問題なく支払うことができるような資産を用意しているならばそれが可能になります。

でもむしろあえて破産手続きせずにあなたの保証人に立て替えてもらって、自身は保証人に月々の返済していくという選択肢もあるのではないかと思います。

保証してくれる人があなたと信頼関係にある場合は、完済期間を延ばしてもらうこともありえます。

いっぽうで合わせて完済ができなくとも相談すれば分割での返金に応じるものです。

保証人にも破産による整理を実行されてしまうと借金がすべて戻ってこないリスクを負うことになるからです。

保証人がもし負債を代わりに立て替える財産がなければお金を借りたあなたと同じく債務整理を選択しなけばなりません。

2つめが「任意整理」によって処理することです。

この方法は債権者側と相談する方法によって、おおよそ5年弱の期間で弁済する形になります。

実際に弁護士事務所にお願いするときの経費は債権1件につきおよそ4万円。

全部で7社からのローンがあれば約28万円かかります。

もちろん貸した側との示談を自分でしてしまうこともできないことはないですが法律の経験や知識がない方の場合相手側が確実に有利な提案を押してくるので注意が必要です。

ただ、任意整理を行うとしたとしてもあなたの保証人に負債を代わりに払ってもらうことを意味するわけですから、借金をしたあなたはたとえちょっとずつでも保証人になってくれた人に支払いをしていく義務があります。

次はあなたの保証人も破産した人とともに「破産宣告する」ことです。

その保証人も返済できなくなった人と同じように破産すれば、保証人となる人の義務もなくなります。

ただ、保証人がマンション等を登記している場合はそれらの資産を取り上げられますし証券会社の役員等の職務にある場合などは影響を受けてしまいます。

個人再生制度を活用するといいでしょう。

では4つめですが、「個人再生という制度を利用する」こともできます。

土地建物等を手元に残しつつ債務整理をしていく場合や、自己破産では影響が出る職業についている方に有効なのが個人再生制度です。

この手段なら自宅は処分する必要はありませんし破産手続きのような、資格制限が何もありません。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.tokeioff.com All Rights Reserved.